地域連携のもと患者さんとご家族のサポートができる医療を目指します。

  • 地図と交通手段
  • お問い合わせ
  • 093-282-0181
  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝祭日

  • 受付時間

    月~金 9:00~12:00 (予約制)

診療科・部門紹介

医療療養型病棟

医療療養型病棟とは

急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、病院での療養が継続的に必要な方が対象の病棟です。
厚生労働省の定めた規定に従い、医療の必要度に応じた医療区分およびADL自立度(日常生活自立度)の視点から考えられたADL区分による包括評価をする事となっています。

医療区分

下記における病名・状態が対象になります。

医療区分3対象となる状態 ・中心静脈栄養
・24時間持続点滴
・酸素療法が必要な状態(密度の高い治療を要する状態に限る)
・感染症の治療から隔離が必要な状態                 など
医療区分2対象となる状態 ・パーキンソン関連疾患
・酸素療法が必要な状態(密度の高い治療を要する状態を除く)
・1日8回以上の喀痰吸引が必要な状態
・疼痛コントロールが必要な悪性腫瘍
・リハビリテーションが必要な疾患が発症してから30日以内
・頻回の血糖検査を実施している状態
・褥瘡に対する治療を実施している状態                など

治療・看護・ケアについて

・入院時、ご家族と医師・看護師・社会福祉士を交えて面談を行っています。面談を通して今後の治療方針を決定していきます。
・治療方針・治療計画に沿って必要な看護やケアを行っていきます。

医療療養型病棟 入院から退院までの流れ

患者さんの状態や家庭環境を踏まえて、病棟内のスタッフカンファレンスに加えて、患者さんやご家族を含めたカンファレンスを行い、退院支援を行っていきます。

TOP