地域連携のもと患者さんとご家族のサポートができる医療を目指します。

  • 地図と交通手段
  • お問い合わせ
  • 093-282-0181
  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝祭日

  • 受付時間

    月~金 9:00~12:00 (予約制)

診療科・部門紹介

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟とは

地域包括ケア病棟とは、高齢化社会である現代のニーズにこたえる医療施設です。手術や検査が終了した後、すぐに在宅や施設へ移るには不安のある患者さんに対して、しばらくの間入院療養を継続し、在宅復帰に向けての『準備をしっかりと整える』ための病棟です。安心して地域へお戻りいただけるようお手伝いすることを目的としています。また、在宅療養中の方も病状などに合わせて短い入院で早期回復を目指してご利用いただけます。
在宅復帰支援計画に基づき、主治医・看護師・専従のリハビリテーションスタッフ・薬剤師・社会福祉士等の多職種で協力し自宅や施設で暮らせるまでの支援と橋渡しを行います。

どのような場合に地域包括ケア病棟の入院になるのか?

  • 1. 急性期の治療終了後、もう少し経過観察が必要な方。
  • 2. 在宅復帰へ向けて積極的なリハビリが必要な方。
  • 3. 在宅生活に向けて準備が必要な方
     (介護の指導、住宅改修、家族に不安があり様子を見ながら自宅へ帰る準備をすすめていきたい方等)
  • 4. 医療的処置(痰の吸引・点滴・褥瘡等)の為、直ぐには介護施設でのショートステイ利用が困難な方
  • 5. 福祉施設(有料老人ホームや特別養護老人ホーム等)入所準備中の方
  • 6. レスパイト入院 等々

入院期間は状態に応じ調整いたしますが、限度は入院から60日となります。
ご不明な点は、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

レスパイト入院(家族介護支援)について

当院は、地域包括ケア病棟開設に伴い、レスパイト(休憩)入院のサービスを始めます。

 レスパイト入院は、通常の入院と異なり何らかの医療行為が目的ではなく、介護度の高い患者を看ている家族を休ませるための特殊な入院です。家族が、その疲れから介護を続けることができなくなることを予防する目的があり、在宅での生活を支えるための入院として利用できます。その他、冠婚葬祭、介護者の病気・入院・出産・旅行等、一時的に在宅介護が困難になる場合に利用でき、退院後は自宅に戻ること、介護保険ではなく医療保険を使用するのが特徴です。

ご利用について
  • 1. 入院対象となる方は、ご自宅に退院される方です。
    主に、褥瘡処置、たん吸引、麻薬の管理、胃ろう、気管切開、点滴、在宅酸素などの医療的処置を行っている方がご利用できます。
    介護保険による施設でのショートステイが利用困難な方で、医療的処置を行っている方も対象となります。
  • 2. 1回の入院期間は、おおむね14日以内ですが、状態によっては、入院予定期間よりも短期間となる場合があります。また、連続しての入院更新はできません。
  • 3. 治療目的の入院ではありませんので、入院中に他科受診や検査などはできません。
  • 4. 入院時、お薬とおくすり手帳をご持参ください。
  • 5. 費用など詳細については下記連絡先にお気軽にお問い合せください。

地域包括ケア病棟入院の申し込み方法

  • ① お申し込みが出来るのは、かかりつけ医、または、当院外来受診で医師が入院を認めた場合です。
  • ② かかりつけ医からのお申し込みは「診療情報提供書」と患者情報紙[pdf]を地域連携室にFAXしてください。
  • ③ 外来受診希望は、ケアマネージャーや訪問看護ステーションから情報を地域連携室にFAXしてください。
  • ④ ご家族からのご相談は直接下記連絡先にお電話ください。
TOP